事業承継成功のポイント

トップページ > 事業承継について > 事業承継成功のポイント

事業承継が成功するためのポイント

事業承継が成功するためには、ポイントがあります。

1. 事業承継の方針を明確にすること
事業承継をうまく行かせるためには、引き継ぎをする会社の状況を把握し、いつ誰に事業を承継するのか、どのような承継方法を選択するのかを明確にすることが重要です。 そして、いったん決めた方針については、親族間での争いを引き起こしたり、従業員や取引先の信頼を失うことのないように、合理的な理由がない限りは変更しないようにします。

2. 引き継いだ会社を維持発展させるという強い意思のある後継者に承継すること
インターネットの普及、グローバリゼーションの進展により、企業経営をとりまく環境が短期間で大きく変化している中で、経営をし続けていくためには、 相応の努力をして会社を維持発展させるという強い意思がないと難しいので、このような意思の持ち主に対して会社を引き継ぐようにすることが重要です。

3. 現経営者と後継者・承継先との信頼関係があること
事業承継がうまくいくためには、現経営者と後継者・承継先との信頼関係がきちんと構築されることが重要です。現経営者が大事にしてきた経営理念等の価値観や 経営方針や経営ビジョン等を後継者や承継先が理解をし、現経営者との間で信頼関係が構築されない場合には、会社運営がうまく回らなくなるばかりか、従業員や取引先等の 関係者との関係もギクシャクしだすことになるので、信頼関係を構築することは重要です。

4. できるだけ早くから取り組むこと
事業承継は、後継者・承継先の選定をしたあと、後継者候補の教育や幹部人材の育成、従業員や取引先等の関係者との信頼関係の醸成など円滑な経営承継を行うための準備が必要であり、 また、法務上の対策や税務上の対策などの財産承継を行うための準備、必要に応じて借入金の整理などが必要です。これらの準備作業は、一定程度比較的まとまった期間が必要で あるため、事業承継の準備はできるだけ早くから取り組むことが重要です。

アクセス解析