事業承継について

トップページ > 事業承継について > 事業承継について

事業承継について

事業承継とは、会社の経営者が後継者に経営者としての地位や株式、事業用不動産を引き継ぐことをいいます。

事業承継の本質は、単なる財産の移転ではなく、後継者に対して、会社経営をしていくための基盤となる株式や会社経営のために必要な事業用資産を引き継ぐ財産承継の側面のほか、 経営者としての立場や権限、責任といった経営者としての地位を引き継ぐ経営承継の側面があります。そこで、事業承継の準備に取り組む場合には、この2つの側面を検討する必要があります。
(財産承継の問題がなく経営承継のみ問題となる非オーナー企業の場合は、事業承継の問題は生じず、オーナー企業特有の経営課題ということになります。)

事業承継のメリット

事業承継を行うことは、現経営者、後継者だけでなく、従業員や取引先に対して以下のようなメリットがあります。

  • 事業承継を行うことで、経営者の死亡によって事業が廃業になるリスクが減少し、長年続けてきた事業の灯火を消すことなく存続することができるようになります。
  • オーナー経営者は、事業承継に際して後継者に株式を売却する場合には、株式の売却により引退後の生活資金を確保することができます。 また、会社経営に必要な事業用資産がオーナー個人名義である場合には、同様に事業用資産の売却により生活資金を確保することができます。
  • 後継者・事業譲受人は、事業承継によりすでにできあがった事業を譲り受けることになるため、創業して事業を行うよりも費用面や時間の面で、有利な立場で事業を行うことができます
  • 事業承継によって事業が存続することにより、会社を支えてきた従業員の雇用を可能なかぎり維持することができます。 また、事業承継によって、取引先も取引関係を継続維持することができます。
アクセス解析